創業 昭和26年3月

当社は故・茂木林次郎により写真凸版をつくる『茂木写真製版所』として創業しました。写真のとおり、現在の飯田橋からは到底想像もつかない風景でした。戦後の復興もままならない、そんな都心の一角に当社は誕生しました。
路地をはさんで2軒の木造家屋で、写真版を製作しておりました。当時のお客様は出版社様や印刷会社様でした。

右は、2階の窓から撮影した写真です。通りは「目白通り」(飯田橋3丁目交差点付近)、その向こうに見える建物は「日本医科大学第2病院」です(現 東京区政会館)。
会社の前の歩道は舗装がされておらず、土が丸出しの状態です。



弊社の前の道路です。現在と昭和30年代の比較です。昭和30年代には戦後の復興の後が感じられます。この時、まさか上の写真のような時代が来るとは、だれも想像がつかなかったでしょうね。
(右側が現・社屋)



初代社長 故・茂木林治郎
新社屋の落成パーティです。(良い時代だったのかもしれませんね)
昭和56年新社屋落成式にて